みうら整骨院(八千代院)

お問い合わせ
ハンバーガーアイコン

みうら整骨院(八千代院)

お問い合わせ
   

柔整学生アルバイト募集中

   

みうら整骨院では、回数券等の販売は行っておりません。
その都度お支払のみとなります。

交通事故治療で整骨院に通っても慰謝料請求できる?気を付けるポイントなどを紹介

交通事故治療で整骨院に通うと慰謝料請求できる?

皆さんは交通事故の被害にあった際に整骨院で治療をうけると慰謝料がどうなるか知っていますか?整形外科などの病院以外で治療をしている場合、慰謝料請求が出来ないと考えている方が多いかもしれません。しかし、実際には交通事故の治療を整骨院で受けても、慰謝料の請求は可能です。ただし注意しないと損をしてしまう可能性があるため、交通事故治療で整骨院を利用する場合にはいくつかのポイントがあります。本記事ではそんな整骨院での治療で慰謝料請求するための注意点について紹介していきますので、興味がある方は是非最後までご覧になってください。
 

慰謝料がもらえる&もらえない施術所一覧

はじめに、交通事故の際に治療をして慰謝料を請求できる&できない施術所の一覧を紹介します。

病院

整形外科などの病院は交通事故の治療を受ける最も基本的な場所であり、慰謝料請求も行いやすいとされています。診断書を書いてもらえて、定期的に通院していれば経過観察も行ってもらえるため、後遺症などが残った場合の慰謝料請求も行いやすくなります。

整骨院&接骨院

整骨院や接骨院で交通事故治療を受ける場合は、医師の診断があれば慰謝料の請求が可能です。病院での診察を受けずに整骨院や接骨院にのみ通う場合は難しいですが、病院での診断で整骨院に通うことを許可されていれば大丈夫です。整骨院や接骨院で施術を行うのは国家資格である『柔道整復師』の資格を持っている方のため、整骨院での施術は民間療法ではなく治療行為と認められていることが理由として挙げられます。

整体院

整体院は整骨院と同じように考えている方がいるかもしれませんが、整体院は開業にあたり特別な資格が必要ありません。そのため交通事故治療の際、整体院での施術は治療行為と認められず慰謝料の請求は行えません。

鍼灸

鍼灸での治療を行うのは国家資格である鍼灸師の資格を持った方です。そのため医師の許可のもとであれば針灸での治療について慰謝料請求することが可能です。

カイロプラクティック

カイロプラクティックは特別な資格がなくても開業できるため、交通事故の治療行為とは認められず慰謝料請求をすることは出来ません。

あん摩マッサージ指圧

あん摩マッサージ指圧の治療はあん摩マッサージ指圧師の資格を持った方が行うため、医師の許可のもとであればあん摩マッサージ指圧の治療で慰謝料請求をすることが可能です。

いかがでしたか。こうしてみると、交通事故の治療として認められるのは施術者が国家資格を有している病院、整骨院&接骨院、針灸、あん摩マッサージ指圧に限られることが分かります。交通事故の治療をする際は、まずはこれらを判断基準にしてみると良いでしょう。
 

整骨院に通う際に想定されること

ここからは交通事故の治療で整骨院に通う際に想定されるいくつかの注意点について紹介します。

慰謝料の金額が少なくなる

交通事故の慰謝料は被害者の怪我の程度に大きく左右されます。軽傷なのか重症なのかによって金額が変わるため、整骨院での治療=軽傷ととらえられ慰謝料の金額が少なくなる可能性があります。しかし、そもそも怪我の程度が軽傷なのであれば、病院に通う場合と比べて金額が少なくなるわけではないため、入院が必要な重症でない限り病院でも整骨院でも慰謝料の金額は変わらないとされています。

通院月数にカウントされない場合がある

場合によっては整骨院での治療をメインにしていると、慰謝料の金額に関わる通院月数にカウントされない場合があります。どうしても病院での治療と比べて、整骨院での治療は本当に事故治療に必要な治療をしていると判断されにくい傾向にあるため、全日程がカウントされない場合があるようです。

治療費の打ち切りを宣言される可能性がある

整骨院での治療は長引くと保険会社から治療費の打ち切りを宣言されることがあります。こちらは保険会社が治療費を減らすために一定の期間が経過したら事故治療に必要な治療を終えていると判断するからだとされています。
 

交通事故の治療で整骨院に通う際のポイント

ここからは交通事故の治療で整骨院に通う際のポイントについて紹介します。

はじめに整形外科を受診する

整骨院での治療をはじめるまえに、必ず整形外科などの病院を受診するようにしましょう。医師の診察や診断がないまま整骨院での治療をはじめてしまうと、治療に関する事故との因果関係が証明できずに慰謝料を請求出来ない可能性があります。また、整骨院ではレントゲン検査などを受けることが出来ないため、適切な治療を受けるためにもまずは病院での精密な検査を受ける必要があります。

医師に整骨院通院の許可をもらう

病院を受診したあとに整骨院に通う場合でも、医師からの『整骨院での治療を受ける許可』が必要です。後々慰謝料を請求するためには医療上の証拠を逐一残しておくことが大切です。

定期的に病院にも通院する

整骨院で治療を受けている場合でも、定期的に病院で診察を受けるようにしましょう。定期的に病院に通うことで治療を続けている医療上の証拠となり、万が一後遺症などが残ってしまった際にも医師の経過観察が行われていれば後遺障害慰謝料などの請求に役立ちます。

治療費打ち切りには撤回を求めて交渉する

保険会社から治療費打ち切りを宣言されても、あきらめずに撤回を求めて交渉するのも手です。具体的には医師に意見書を書いてもらい、治療終了となる見込みの時期を明示したうえで交渉すると打ち切りを延長できる可能性があがります。
 

交通事故の際に請求できる費用一覧

最後に交通事故の際に請求できる費用の一覧を紹介しておきます。これらのうち、自身に該当するものはしっかりと請求することで、治療の負担を軽くすることができます。

治療関係費

治療費や薬代、入院代などケガの治療にかかった費用

休業補償

治療のために仕事を休んでいる期間の給料補償

通院交通費

通院にかかった交通費

傷害慰謝料

交通事故によるケガで精神的に受けた苦痛に対する補償

後遺障害慰謝料

後遺症が残った精神的苦痛に対する補償

死亡慰謝料

被害者が死亡したことによる精神的苦痛に対する補償

逸失利益

死亡事故や後遺障害が残った事故について、被害者が将来にわたって得るはずだった給料等の利益を失ったことに対する賠補償
 

整骨院の治療も取り入れて早期回復を!

交通事故で被害を受けると精神的ショックや怪我による負担が大きく、なかなか慰謝料請求や補償のことまで頭が回らないかもしれません。しかし、後遺症などが残った場合の治療費やその後の生活のことを考えると、治療だけではなく慰謝料がもらえるように立ち回ることも大切です。整骨院での治療は事故の後遺症やリハビリテーションで効果を感じている方も多いので、病院での治療と組み合わせて補償をうけつつ怪我の早期回復につとめましょう。本記事が皆様の参考になれば幸いです。