柔道整復師が解説!整体で椎間板ヘルニアは改善する?

柔道整復師が解説!整体で椎間板ヘルニアは改善する?

椎間板ヘルニアは、誰でもいつでも発症する可能性があり、重症化することも多い病気です。症状が進行すると歩行困難になったり、日常生活に支障をきたすこともあります。発症すると、ひたすら痛みとの戦いが続きます。こんな厄介な椎間板ヘルニアは、整体で改善することができるのでしょうか。
 

椎間板ヘルニアとは

椎間板ヘルニアは、背骨の骨と骨の間にある椎間板という、クッションの役目を果たす部分の一部が飛び出して、神経を圧迫し、手足の痛みやしびれが出る病気です。背骨の後ろ側に脊柱管という、神経が通っている管がありますが、椎間板が飛び出すとここを圧迫するため、圧迫された神経が伸びた先に、痛みやしびれなどの症状が出ます。椎間板ヘルニアは、首と腰に起こりますが、それぞれ症状の出る場所が変わります。
 

首の椎間板ヘルニア

首の椎間板ヘルニア(頚椎椎間板ヘルニア)は、手の痛みやしびれが出ます。また、手が動かしにくくなったり、手に力が入らないといった症状もあります。ヘルニアの場所によって、症状の出る場所が変わり、右手の小指に出たり左手の親指に出たりします。頸椎ヘルニアでも、症状がひどいと足がしびれたり、歩きにくくなる場合もあります。
 

腰の椎間板ヘルニア

腰の椎間板ヘルニア(腰椎椎間板ヘルニア)は、尻や足にしびれや痛みが出ます。また、足が動かしにくかったり、力が入らないといった症状もあります。ヘルニアの場所によって、しびれや痛みの出る場所は変わりますが、尻から太腿の裏側に症状が出るものを、坐骨神経痛と呼びます。ちなみに、脊柱管狭窄症という病気でも、椎間板ヘルニアと同様の症状が出ることがあります。そのため、症状だけではどちらの病気なのか、判断できない場合もあるので、必ず専門医に診断してもらいましょう。

椎間板ヘルニアの診断は、レントゲンやCT、MRIなどの画像解析によって行います。普通は、レントゲンだけでわかることが多いのですが、小さいヘルニアだと、CTやMRIの画像解析が必要な場合もあります。MRI検査を行うと、ヘルニアの場所や大きさ、形、どの程度神経が押されているかまでわかります。また、放っておいても問題ないか、どんな治療が向いているか、といったことまで判断できるので、整体治療を受ける場合でも、一度病院で診断してもらうほうがいいでしょう。
 

椎間板ヘルニアの原因

なぜ椎間板ヘルニアが発症するのか、まだ完全には解明されていませんが、原因として加齢、日常の姿勢や動作、遺伝的要因、交通事故などが考えられます。加齢は、年齢を重ねることによって、椎間板がもろくなるために起こります。椎間板の中には髄核という組織が、線維輪という繊維状のコラーゲンの膜で包まれています。加齢によって椎間板が老化し、髄核がはみ出して、ヘルニアが起こるので注意が必要です。

日常の姿勢や動作は、仕事などで右手だけに重いものを持つとか、前かがみの姿勢が多いなど、アンバランスな姿勢や動作が原因となります。また、長時間椅子に座っているなど、ずっと同じ姿勢を続けることによっても発症します。遺伝的要因は、体質や骨の形、遺伝的に椎間板に障害が出やすいことなどが、原因となって起こります。また、交通事故や高所から落下するなど、強い衝撃を受けることによって発症する場合もあります。
 

椎間板ヘルニアの改善方法

結論から言いますと、椎間板ヘルニアは整体で改善します。整体では、手術ではなくマッサージによる保存療法によって治療します。整体マッサージによって、背骨や骨盤を矯正し、自然治癒力を高めて改善させます。このように、切らずに治せるのが、整体の大きなメリットと言えるでしょう。手術に抵抗がある方は、整体で治療することをおすすめします。椎間板ヘルニアの兆候が出始めたら、症状が軽いうちに整体で診察してもらいましょう。椎間板ヘルニアは、整体治療を受ければ、3カ月程度で治ることが多いようです。ただし、あくまでも軽度のうちに、整体治療を受けた場合の話ですから、重症化してからでは、3カ月通院してもあまり改善しないこともあります。
 

椎間板ヘルニアになったら

椎間板ヘルニアと診断されたり、可能性がある場合は、腰椎に負担がかかる姿勢を避けましょう。特に、腰椎に曲げやねじりが加わるような動きは、絶対にやめるべきです。また、中腰の姿勢を長く続けたり、長い時間椅子に座るのも、症状を悪化させる要因になります。運動不足で腰まわりの筋肉が細くなると、上半身の体重を腰椎で支えなければなりません。これでは、さらにヘルニアを悪化させてしまうので、症状を改善するには、ある程度の運動を続けて、筋肉の衰えを防ぐことも大切です。
 

椎間板ヘルニアの痛みを和らげる方法

椎間板ヘルニアの痛みを和らげるには、正しい姿勢を保つことと、バランスの良い食生活を心掛けましょう。
 

正しい姿勢を保つ

椎間板ヘルニアは、正しい姿勢を保つことができれば、痛みを抑えることができます。正しい姿勢を保てば、腰に負担がかからないので、椎間板ヘルニア改善のためには重要です。正しい姿勢を保つには、腹筋と背筋を鍛える必要があります。腹筋と背筋がバランスよく引っ張り合えば、腰椎に負担がかからないので、症状も改善するでしょう。

腹筋と背筋を鍛える方法はいろいろありますが、比較的簡単にできて、長期間継続できるものとして、ウオーキングや水泳がおすすめです。腹筋と背筋を鍛えるといっても、椎間板ヘルニアの症状が出ていれば、あまり激しい運動をすると、かえってヘルニアを悪化させてしまうので、注意が必要です。ウオーキングや水泳などのような、ゆっくりした運動を、少し疲れを感じる程度に行うのがベストです。
 

バランスの良い食生活

椎間板ヘルニアを発症すると、組織を損傷したり炎症を起こします。組織の損傷や炎症を回復するには、回復に必要な栄養素を摂る必要があります。椎間板ヘルニアを改善するのに必要な栄養素は、ビタミンやミネラル、蛋白質などです。これらの栄養素をできるだけ多く摂れるように、食事の献立を考えましょう。
 

なぜ整体で治るのか

整体で病気が治るのか、しかも椎間板ヘルニアのような、骨の病気が治るのか、と疑問に思う人もいるようです。こういった人は、病院の診断や治療のほうが、確かだと考えているのでしょう。確かに、病院では最新の医療機器や、新薬などで病気の治療にあたるので、多くの病気の改善に効果があります。それに対して、整体は昔ながらの療法なので、新しい発見や進歩はありません。だから、「病院の治療のほうが安心」という人もいるのですが、病院で治らない病気が、整体で改善する例も少なくありません。

そのため、整体治療を受ける人も多いのです。特に慢性病は、整体のほうが改善効果が見られることが多いようです。これは、整体によって骨や骨盤のゆがみを矯正して、根本から原因を取り除いて治療するからです。体にゆがみがあると、椎間板ヘルニアだけでなく、いろんな病気を引き起こす原因になります。整体でマッサージや骨盤矯正を受けると、病気になりにくい体質に改善することができます。
 

まとめ

椎間板ヘルニアは、誰でもいつでも発症する可能性があります。症状が進行すると、日常生活に支障をきたす場合もあります。椎間板ヘルニアは、手術で治療することもできますが、整体なら手術なしに改善することができます。椎間板ヘルニアは、飛び出した椎間板の一部が神経を圧迫して、しびれや痛みが出るものです。

原因は、加齢、日常の姿勢や動作、遺伝的要因などさまざまで、交通事故や高所から落下するなど、強い衝撃を受けたことによって、発症する場合もあります。椎間板ヘルニアは、3カ月程度で治ることが多いのですが、症状が進行していると、もっと日数がかかったり、慢性化して改善が困難になる場合もあります。