みうら整骨院(八千代院)

お問い合わせ
ハンバーガーアイコン

みうら整骨院(八千代院)

お問い合わせ
   

柔整学生アルバイト募集中

腰痛の原因

腰痛は日本人の国民病といわれるほど、多くの人が経験する症状です。
10代20代の若い世代も腰痛を訴える方は少なくありません。

腰から足にかけてのしびれや、急なぎっくり腰まで症状は様々で、その原因も様々です。

筋肉に急な力が加わって損傷し炎症を起こした状態が『ぎっくり腰』です。

腰から足全体がしびれたり痛みが出たりする症状が出やすいのが腰椎椎間板ヘルニアです。
これは、腰椎と腰椎の間の椎間板が、普段はクッションのような役割をするのですが、慢性的な圧力で内部の髄核が飛び出して脊髄を圧迫します。

腰痛の原因

  • 〇骨、神経からくるもの
  • 〇筋力低下によるもの
  • 〇血行不良からくるもの
  • 〇内臓疾患からくるもの
  • 〇精神的ストレスによるもの

 

腰痛の原因は大きく上記の5つに分けられます。
普段の姿勢の癖や、加齢によっておきる腰椎や椎間板の変形や、関節の炎症による痛みやしびれ、更に痛みやしびれを気にしてさらに筋力低下も起き、椎間板ヘルニアや、腰部脊柱管狭窄症、仙腸関節炎、腰椎分離症などの症状がみられます。

精神的ストレスは自律神経の乱れを引き起こし、血流が悪くなり、結果として腰痛の原因にもつながります。

しびれや痛みをそのままにせずに、接骨院や専門医にご相談ください。

痛みが悪化していたり、歩行困難な場合などは早急に専門家で診てもらいましょう。
その際に、いつからどのように痛むのか、どのような症状なのかをお話しいただけるとスムーズです。