柔道整復師が解説!坐骨神経痛の原因と改善方法

柔道整復師が解説!坐骨神経痛の原因と改善方法

坐骨神経痛というのは病名ではなく、足に現れる痛みや、しびれが続く状態を指したものです。坐骨神経痛になると、慢性的に痛みやしびれが続くため、日常生活や仕事にも支障をきたします。坐骨神経痛の原因は何でしょうか。ここでは、坐骨神経痛を改善する方法についても、解説します。
 

坐骨神経痛の原因

坐骨神経痛が起こる原因はいくつかありますが、腰椎疾患が遠因となる場合が多いようです。中でも、「腰部脊柱管狭窄症」(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)と、「腰椎椎間板ヘルニア」(ついかんばんヘルニア)が、坐骨神経痛の要因になるケースが目立ちます。腰部脊柱管狭窄症の場合は、50歳以上の中高年世代に多い傾向があります。高いところに手を伸ばそうとしたり、腰をひねる動作をすると、痛みが出たり痛みが強くなります。

この場合は、前かがみになると痛みが和らぐので、自転車を運転したり、靴下を履く動作などは、楽に行えるのが特徴です。腰椎椎間板ヘルニアが原因で起こる坐骨神経痛は、20代の若い人に多い傾向があります。腰椎椎間板ヘルニアを患うと、椎間板が飛び出して腰椎の神経を圧迫するため、坐骨神経痛が発症します。前かがみになると痛みが出ることが多く、あぐらや横座り、中腰の姿勢なども痛みの原因となります。腰椎椎間板ヘルニアは、体を反らす姿勢を取ると、痛みが和らぐのが特徴です。
 

坐骨神経痛の治療法

坐骨神経痛の治療法には、手術のほかに「保存療法」があります。保存療法とは、手術以外の方法のことで、整骨院などで行うマッサージ療法のほか、温熱療法、低周波療法、赤外線やマイクロ波による療法、牽引療法などさまざまな種類があります。これらの療法は、血行を改善して痛みを和らげるために行います。牽引療法は、患部を引っ張って、椎間板にかかる圧力を少なくして痛みを和らげる方法で、比較的多く用いられる療法です。
 

坐骨神経痛の痛みを和らげる方法

坐骨神経痛になった場合に、痛みを和らげる方法があるのでご紹介します。
 

運動療法

体操やストレッチ、軽い運動などを行うことによって、筋肉の緊張をほぐし血行を改善して、
痛みを和らげる療法です。慣れてきたら、少しずつ運動量を増やすことによって、下半身に筋肉がつくので、腰椎への負担が減るため、坐骨神経痛の症状が和らぎます。運動療法は、坐骨神経痛の手術後の、リハビリメニューにも取り入れられており、とても有効な方法です。
 

装具療法

腰にコルセットを装着し、腰椎にかかる負担を減らして痛みを和らげます。コルセットをつけると、腰椎が固定されるので症状が安定しますが、長く使用すると腰回りの筋肉が低下する可能性があるので、あまり長く使わないようにしましょう。
 

薬物療法

鎮静剤などの薬物を使って、痛みを和らげる方法です。痛みを和らげるだけで、根本的な治療にはなりませんが、痛みが和らげばリラックスできる上に、動いても痛くないので活動的になり、筋肉もついてくるので症状の改善につながります。
 

ブロック療法

局所麻酔剤を直接神経に注入することによって、痛みを和らげる療法です。神経を麻痺させ、痛みの伝達物質をブロックすることにより、痛みを感じなくするものです。痛みを感じなくなるだけでなく、自律神経がリラックスするので、血行が改善され、痛みのもとになる物質を除去する効果もあります。
 

坐骨神経痛の予防法

坐骨神経痛を予防するには、坐骨神経に負担のかからないような、生活習慣を心掛ける必要があります。腰部脊柱管狭窄症が要因となる場合は、少し前かがみの姿勢で生活するようにしましょう。たとえば、洗濯物を干す場合は、通常より低い位置で干すとあまり痛みは出ません。棚の上に手を伸ばして物を取ったり、物を乗せるような動作は、できるだけしないほうがいいので、床に置けるものはなるべく床に置いて、高い場所に手を伸ばす回数を減らしましょう。

このように、なるべく低い位置で作業するようにすれば、痛みの改善につながります。寝る場合は、仰向けより横向きがおすすめです。横向きに寝ると自然と背中が丸くなるので、患部への負担が減ります。どうしても仰向けに寝たければ、膝の下にクッションを置くことによって、腰の負担が軽くなります。腰椎椎間板ヘルニアが原因の坐骨神経痛は、前かがみになると痛みが出るので、日常生活や仕事で、なるべく前かがみにならないように工夫しましょう。

寝る場合は、腰が沈まないような、硬い布団やベッドがおすすめです。洗面所で顔を洗う際は、軽く膝を曲げて、できるだけ前かがみにならないように注意します。落としたものを拾ったり、床にあるものを持ちあげる際は、膝を曲げて腰を落として拾いましょう。
 

坐骨神経痛を悪化させない暮らし方

坐骨神経痛を悪化させないためには、これまでのライフスタイルを改善したり、変更することも必要です。そもそも、坐骨神経痛になったのは、それまでのライフスタイルの影響が大きいので、そこを改めないと症状の改善も難しいでしょう。
 

禁煙する

タバコに含まれるニコチンは、血管を収縮させ、血管壁を硬くすることがわかっています。タバコは、血管系の疾患を重症化させるおそれがあるので、健康のためには、禁煙はいまや常識と考えるべきでしょう。これに加え、坐骨神経痛の場合は、ニコチンによる血管収縮により、酸素や栄養が十分に行きわたらなくなるため、椎間板にも悪影響を及ぼすおそれがあります。その結果、椎間板ヘルニアが悪化して、坐骨神経痛も悪化する可能性があります。
 

自分に合った靴を選ぶ

足に合わない靴を履いていると、腰に負担がかかるので、坐骨神経痛を患っていると、さらに症状が悪化します。特に、サイズの大きい靴を履いていると、腰への負担が大きくなるので注意が必要です。女性の場合は、ヒールの高い靴を履くと、どうしても腰に負担がかかるので、なるべく平べったい靴か、スニーカーなどのような、履きやすい靴を選ぶようにしましょう。

荷物はバランスよく持つ

右利きだからといって、常に重い荷物を右手で持ったりすると、背骨や腰にアンバランスな負担がかかります。荷物やカバンを持つなら、左右に均等になるように、バランスよく持つことが大切です。また、仕事で右手ばかり使ったり、左手だけを酷使するような場合は、坐骨神経痛を悪化させるおそれがあるので、別の作業に変えてもらったり、転職を考える必要もあるかもしれません。
 

手術よりも整骨院がおすすめ

坐骨神経痛は、慢性化しやすく治りにくい病気です。坐骨神経痛を改善する方法はいろいろありますが、手術のほうが手っ取り早く、しかも短期間で完治させることができると、考える人もいるようです。確かに、手術によって坐骨神経痛が、劇的に改善することもあるでしょう。しかし、手術にはリスクがつきものです。手術して結果が思わしくなかった場合、もとに戻すことができないので、手術前より悪化してしまうこともあります。そのため、手術は最後の手段と考えて、整骨院などで体のゆがみを矯正する療法を、受けてみることをおすすめします。
 

まとめ

坐骨神経痛になると、慢性的に痛みやしびれが続くため、日常生活や仕事がしづらくなります。坐骨神経痛は、坐骨神経がある、尻から足にかけて起こる病気で、片足だけに症状が出るのが通常です。長時間立っているのがつらくなったり、体を反らすと痛みやしびれが出ます。坐骨神経痛を治すには、手術のほかに保存療法があります。保存療法には整骨院の療法も含まれるので、体のゆがみを矯正すると、坐骨神経痛が改善するのでおすすめです。