みうら整骨院(八千代院)

お問い合わせ
ハンバーガーアイコン

みうら整骨院(八千代院)

お問い合わせ
   

柔整学生アルバイト募集中

柔道整復師が教えるストレッチの重要性について

ストレッチは、筋肉を伸ばして体の不調を治すものです。ストレッチをすることによって、体の代謝機能が活性化し、健康を維持することができます。また、ストレッチはダイエットにも効果があるので、女性の間で密かなブームとなています。このように、ストレッチにはさまざまなメリットがあるので、体の不調で悩んでいる方におすすめです。また、ここではストレッチの重要性について、詳しく解説することにします。
 

ストレッチとは

ストレッチは、筋肉や関節を伸ばすことによって、筋肉を柔軟にし、関節の可動域を広げるためのエクササイズです。ストレッチをすることによって、怪我を予防したり疲労回復に役立ちます。体の柔軟性が向上するので、スポーツに応用すると怪我が少なくなり、運動能力がアップするなどの効果があります。また、ストレッチによって姿勢が正しくなり、体のどこかに無理な負荷がかかることがなくなるので、肩こりや腰痛などの慢性病の改善にも役立つでしょう。

ストレッチは道具も必要とせず、狭い場所でも実施できるので、健康増進のために行う人が増えています。ストレッチには疲労回復効果がありますが、体の疲労だけでなく、精神的疲労の緩和にも役立ちます。ストレッチを続けると、疲労回復が早くなるだけでなく、疲れにくい体になるので、エネルギッシュな生活を送れるようになるのも、大きな効果と言っていいでしょう。筋肉が硬くなると神経を圧迫したり、血管を圧迫して血流阻害の原因になりますが、ストレッチによって柔軟な筋肉を作れば、これらの症状は自然と改善していきます。
 

ストレッチのメリット

体の筋肉を伸ばすことによって、さまざまな効果が得られます。
 

体の不具合が改善される

ストレッチによって筋肉を伸ばせば、柔らかくしなやかな筋肉を作ることができます。筋肉を伸ばすと、正しい姿勢や正しい動きが取れるようになるので、体のどこかに負荷がかかることがなくなります。肩こりや腰痛が起こるのは、体の一部に負荷がかかるのが原因です。つまり、ストレッチをすることによって、多くの慢性病から解放されるのです。
 

新陳代謝が活性化する

正しい姿勢と動きができるようになると、体全体が活性化して活動的になり、新陳代謝が促進されます。新陳代謝が活性化すると、アンチエイジング効果が発揮され、肌がきれいになり体の無駄な脂肪が取れるので、ダイエットにも効果があります。
 

免疫力がアップする

筋肉がほぐれ、正しい姿勢で毎日過ごすようになれば、血行がよくなるので免疫力のアップにも役立ちます。血行がよくなれば、体内を循環する血流量が増えるので、体の隅々まで酸素と栄養が運ばれるようになり、体の不調が自然と改善されていくようになります。このように、血流が改善されれば健康増進に役立つので、いつまでも若々しい体を保てるようになるでしょう。
 

良質な睡眠が取れるようになる

ストレッチによって、副交感神経が交感神経よりも優位になります。副交感神経が優位になると、体がリラックスする効果が得られるため、毎晩寝る前にストレッチを行うことによって、心身の緊張がときほぐされ、グッスリ眠れるようになります。安眠は心身の健康のもとですから、ストレッチの効果によって、睡眠の質が向上するようになれば、健康増進は間違いないでしょう。
 

怪我しにくい体になる

ストレッチによって筋肉がしなやかになると、怪我しにくい体を作ることができます。たとえば、高齢になるとちょっとした段差でもつまづきがちですが、ストレッチすることで筋肉が柔軟になるため、つまづくことが少なくなります。もちろん、これは高齢者だけでなく若い人でも同じです。不意の転倒や転落でも、筋肉がしなやかであれば、軽い怪我だけで済む可能性が高まります。
 

運動能力が向上する

筋肉が柔らかくなると関節も柔軟になるので、これまでよりも手足を大きく動かせるようになります。また、動きもスムーズで素早くなるので、疲れにくい体を作ることができます。このように、自然に運動能力がアップするので、これまでより以上に、スポーツが上達するのは間違いありません。
 

ストレッチの種類

ストレッチにはいくつかの種類があり、それぞれ効果と行う目的が違います。自分に合ったストレッチをするためにも、ストレッチの種類と効果を知っておく必要があります。
 

スタティックストレッチ

ゆっくり体を慣らすためのストレッチです。一般にストレッチというと、スタティックストレッチを指す場合が多いようです。時間をかけてゆっくり筋肉を伸ばすのが特徴で、ビギナーにも取り組みやすくなっています。筋肉にかかる負荷が少ないので、安心して行えるストレッチでもあります。
 

ダイナミックストレッチ

名前のとおり、体を大きく、ダイナミックに動かすストレッチです。体幹を鍛えるのに適しており、いろんな動きの中で、体を温めながら筋肉をほぐします。運動能力をアップさせる効果があるので、スポーツ練習時のウォーミングアップにも適しています。
 

バリスティックストレッチ

ダイナミックストレッチよりも、さらに動きの大きなストレッチです。狭い関節の可動域の運動から、しだいに大きな動きに変わっていきます。反動をつけて行うのが特徴で、ちょうどラジオ体操を彷彿とさせる動きです。動きが大きいため、油断すると筋肉を傷めることもあるので注意が必要です。ストレッチは、それぞれの体のコンディションに合わせて行いましょう。
 

初心者向けのストレッチ

初心者でも、簡単にできるストレッチをご紹介しましょう。ここに紹介するのは、5分程度でできるストレッチなので、実際に行って体感してみてください。
 

肩ストレッチ

肩こり解消に役立つストレッチです。また、子供には運動前のウォーミングアップとして最適です。立ったままでも座った姿勢でもできるので、運動不足の解消にもってこいです。肩ストレッチによって、肩まわりの血流促進効果が得られ、肩甲骨が柔軟になります。

①まず、肩を上げ下げする運動を、10回行いましょう。

②次に、肩を上げたら胸を張り、肩を下ろします。これを10回繰り返しましょう。胸を張る際に、肩甲骨を寄せるようにするとなお効果的です。

③次に、肩に手をかけ、肘を大きく円を描くように回します。右に回す動きと左に回す動きを、それぞれ10回ずつ行いましょう。

④次に、腕を伸ばして軽く大きく回します。前に回したり、うしろに回す動きを交互に、それぞれ10回程度行いましょう。

⑤次に、片腕は前回し、もう一方の腕はうしろ回しを、同時に行いましょう。それぞれ10回ずつ行ったら、反対向きにも回してください。
 

背中を伸ばすストレッチ

少しずつ、ストレッチを強くしていくのがコツです。背中を伸ばすことによって、心身ともにリラックスできます。

①まず、椅子に深く座って、背もたれに背中をつけましょう。

②両手を横に大きく広げ、そのままうしろに体を反らします。5~10秒くらい行います。

③次に、同じ動作でさらに背中を反らせます。10~20秒程度反らしましょう。

④今度は、さらに大きく背中を反らします。20~30秒程度続けましょう。
 

まとめ

ストレッチは、筋肉を伸ばして筋肉を柔らかくし、関節の可動域を広げます。ストレッチをすると、怪我の予防や疲労回復効果が得られます。また、体が柔軟になるのでスポーツの上達に役立つため、練習前の柔軟運動がわりに行うのもいいでしょう。ストレッチは道具も必要なく、狭い場所でも実施できるので、運動不足解消のために行う人も多いようです。また、ストレッチには体だけでなく、精神的な疲労を癒す効果もあります。