みうら整骨院(八千代院)

お問い合わせ
ハンバーガーアイコン

みうら整骨院(八千代院)

お問い合わせ
   

柔整学生アルバイト募集中

柔道整復師が解説!整骨院とマッサージ店の違いについて

整骨院とマッサージ店は、ちょっと見には似ているかもしれません。しかし、整骨院とマッサージ店は、似ている点もありますが、まったく違う点もあります。では、この2つはどこが似ていてどこが違うのでしょうか。整骨院とマッサージ店を比較して解説します。
 

整骨院とは

整骨院では、「柔道整復師」と呼ばれる、国家資格を持った施術師が施術を行います。柔道整復師は怪我の治療の専門家で、骨折や捻挫、脱臼、挫傷、打撲などの治療を行います。こういった症状の治療は、整形外科でも行いますが、整骨院では整形外科のような器具を使わず、手術や医薬品も用いないで施術するのが特徴です。また、整骨院の施術は、腰痛や肩こりなどの慢性疾患の改善にも役立ちます。
 

マッサージ店とは

マッサージ店は、主にリラクゼーションを目的としたマッサージを行う場所です。本来マッサージは、「あん摩マッサージ指圧師」という国家資格を持つ人が行うものです。しかし、リラクゼーションを目的としたマッサージは、国家資格を持たない人が行うことが多いので、厳密にはマッサージではなく「もみほぐし」である場合が多いようです。そのため、リラクゼーションとしてではなく、本格的なマッサージを受けたければ、あん摩マッサージ指圧師の資格を持った人が、在籍しているかどうか確認する必要があります。
 

整骨院とマッサージ店の違い

ではここから具体的に、整骨院とマッサージ店の違いについて見ていきましょう。
 

資格の有無

前述しましたように、整骨院では柔道整復師の資格を持つ施術師が施術を行います。柔道整復師の資格を取るには、専門課程を3年間学び、柔道整復師国家試験に合格しなければなりません。また、整骨院では健康保険が適用されるため、施術者管理研修の履修も必要です。これに対してマッサージ店では、あん摩マッサージ指圧師の資格を持った人がマッサージをします。

しかし、現実には資格を持たない人が、マッサージしているケースが多いのが実情です。整骨院は、柔道整復師の有資格者がいないと開院できませんが、マッサージの場合はそれほど厳格ではありません。そのため、マッサージとはいっても、もみほぐしやボディケア、リフレクソロジーといった名目で、サービスを提供してるケースも少なくないようです。
 

保険の取り扱いの有無

整骨院では健康保険が使えますが、マッサージ店では使えません。整骨院で骨折や脱臼、捻挫、打撲、挫傷などの施術を受ける場合には、健康保険が適用されます。しかし、これに対してマッサージ店では、健康保険が使えないので、すべて自費でマッサージしてもらうことになります。ただし、マッサージ店でも医師が必要と認めれば、健康保険を使ってマッサージを受けられる場合もあります。しかし、実際にはほとんどのマッサージ店が、リラクゼーションを目的としたものなので、健康保険が使えるケースは、ほとんどないと言っていいでしょう。
 

整骨院には筋肉や骨のプロがいる

柔道整復師は、筋肉や骨に関する豊富な知識を持っています。腰痛はほとんどが原因不明で起きていますが、筋肉を見れば原因がわかることも多いようです。腰痛患者の大部分は、筋肉が緊張状態になっているので、そこをほぐせば改善する可能性があります。柔道整復師は、どの筋肉がどこにつながっているか熟知しているので、整形外科やマッサージ店とは違った視点で、症状を見ることができるのです。マッサージ店にはこのような「技術」はないので、この点も整骨院とマッサージ店では大きな違いがあります。
 

整骨院は症状の改善を優先

整骨院では、患者が抱えているつらい症状を改善することを、最優先にしています。だから、何度も通っているうちに、少しずつ症状が緩和されるケースが多いのです。しかし、マッサージ店は癒しやリラクゼーションが目的なので、根本的な症状の改善にはなりません。マッサージ店でマッサージを受ければ、ある程度改善したようにも見えますが、すぐに痛みや凝りが出るようになります。
 

普段の生活のアドバイスもしてくれる

整骨院の治療は、施術が終わればそれでおしまいというわけではありません。施術を受けて改善した状態を維持するために、自宅で過ごす場合の姿勢や、ストレッチなどの指導も行います。施術の時間より、普段の生活の時間のほうが圧倒的に長いので、その間に改善された患部が元に戻ってしまわないようにしないと、いつまでたっても治療が進みません。そのためには、普段の生活で注意すべき点を守ることが大切なので、整骨院ではそのためのアドバイスもしっかり行います。しかし、マッサージ店ではマッサージが終わればそれで終了ですから、治療としての効果はあまり期待できないでしょう。
 

体の負担が少なく効果のある施術を行う

整骨院の柔道整復師は、人体につてしっかり勉強しているので、筋肉や腱などに負担をかけない施術を行うことができます。患部の凝りや痛みだけを取り除き、それ以外の部位には負担がかからないので、もみ返しなどの症状が出ることもありません。一方でマッサージ店では、無資格者がマッサージを行う場合が多いので、人体のこともよくわかっていないため、もみ返しなどの症状が出て、かえって悪化するケースも見られます。
 

改善したい症状で決める

整骨院とマッサージ店のどちらを選ぶべきか迷ったら、改善したい症状で選ぶのも1つの方法です。
 

整骨院で改善する症状

整骨院では、痛みが伴う症状を改善することができます。整骨院の施術は、骨のずれやゆがみを治したり、筋肉の凝りをほぐしたりするので、痛む部位の症状を緩和するのに役立ちます。整骨院では、レントゲンやCTなどを使っても、原因がわからないような症状も、改善することができます。体の不調は、骨のずれやゆがみが原因で起こることが多いので、整骨院で施術を受けることによって、改善していくわけです。整形外科で改善しない慢性的な痛みが、整骨院で緩和したという声が聞かれるのはそのためでしょう。整骨院の施術は、腰痛や肩こり、膝の痛みなどの緩和に効果がありますが、これらの多くは骨盤のゆがみから起こるので、施術によって骨盤のゆがみを治せば、徐々に改善していきます。
 

マッサージ店で改善する症状

マッサージ店のマッサージには、リラクゼーション効果があるので、神経的な疲労やストレスの緩和などに有効です。マッサージ店ではマッサージすることによって、体を柔らかくもみほぐし、その状態を維持します。体が硬くなるとさまざまな症状が出やすくなるので、もみほぐすことによって健康な体を保てるわけです。

また、マッサージには血行促進効果があるので、疲労回復にも役立ちます。毎日仕事をしていれば、どうしても疲労が蓄積するので、マッサージで体をほぐすことによって、疲労回復効果が得られます。また、マッサージ店では癒しの効果を大切にしているので、ゆったりした雰囲気の中でマッサージを受ければ、心身ともにリラックスできるでしょう。
 

まとめ

整骨院とマッサージ店は。似ている点もありますが違う点も多くあります。整骨院では、柔道整復師の有資格者が施術を行いますが、マッサージ店では、資格を持たない人がマッサージすることも多いようです。また、整骨院では健康保険が使えますが、マッサージ店では原則として健康保険は使えません。整骨院には筋肉や骨に関するプロが在籍しているので、体の不調を根本から改善することができます。整骨院では痛みを伴う症状を緩和しますが、マッサージ店では癒しの効果を大切にするので、リラクゼーション効果を求める人に人気があります。