みうら整骨院(八千代院)

お問い合わせ
ハンバーガーアイコン

みうら整骨院(八千代院)

お問い合わせ
   

柔整学生アルバイト募集中

柔道整復師が解説!整骨院の自費メニューとは?

整骨院には、自費メニューを導入しようという動きがあります。自費メニューとは、保険適用外の施術のことです。ではなぜ、自費メニューを導入するのでしょうか。その背景には、保険適用でできる施術に、限界があることが挙げられます。ここでは自費メニューの種類や、自費メニュー導入の課題について解説します。
 

すべての施術が保険でできるわけではない

整骨院では、国民健康保険が使えます。そのため、整骨院では3割負担で、施術を受けることができます。しかし、整骨院で行う施術すべてに、保険が適用されるわけではありません。では、健康保険が適用される施術には、どんなものがあるのでしょうか。
 

保険が適用される施術

整骨院の施術で保険が適用されるのは、骨折、捻挫、脱臼、打撲、挫傷のみです。これ以外の施術は、すべて保険適用外となります。また、骨折と脱臼については、緊急の場合を除いて、医師の同意がないと施術することができません。整骨院に通う人の中には、腰痛や肩こりなどの慢性疾患を改善するために、施術を受けている人も多いのですが、このような患者に対しては、保険を適用できないのです。また、骨折、捻挫、脱臼、打撲、挫傷の症状であっても、他の病院で治療を受けていると、保険が適用されないという制約もあります。そのため、自分が望む施術を受けるためには、自費で施術してもらうしかない場合が多いのです。
 

自費メニューの種類

では、整骨院の自費メニューには、どんなものがあるのでしょうか。自費メニューには、カイロプラクティック、頭蓋骨矯正、産後骨盤矯正、テーピング、リラクゼーション、頭痛緩和、ストレッチ、スポーツマッサージなどがあります。また、女性患者をターゲットに、耳つぼダイエットや、美顔鍼などを取り入れる整骨院もあります。もちろん、これらはすべて保険適用外です。他の施術院にないユニークな自費メニューがあると、新たな集客効果が得られるので、整骨院の中には、目玉となる自費メニューを考案しようとする動きもあります。
 

人気のある自費メニューをご紹介

上記に挙げた自費メニューのうち、特に人気のあるカイロプラクティック、頭蓋骨矯正、テーピングについて解説しましょう。
 

カイロプラクティック

カイロプラクティックは、手を使って背骨や骨盤のゆがみを矯正し、体の健康を取り戻す施術です。背骨を中心に、体の各部位を調整することにより、痛みや機能麻痺を改善します。カイロプラクティックは、手や器具を使って、関節に一定の力を加えながら、マッサージするように負荷をかけていきます。また、温熱や冷却、電気刺激などによる治療を、併用することもあります。

カイロプラクティックは、背骨を矯正することにより、本来人体が持っている自己回復力を呼び覚まして、治療効果を高めるものです。カイロプラクティックは、病気の治療だけでなく、病気になりにくい体を作るのにも効果的です。カイロプラクティックで治療できる症状は幅広く、頭痛や肩こり、骨盤矯正のほか、関節の痛みや疲労回復、自律神経失調症、内臓疾患、ストレス緩和など、メンタル面でも効果を発揮します。
 

頭蓋骨矯正

頭部をマッサージすることにより、めまいや頭痛などを改善する施術です。頭蓋骨にゆがみが生じると、さまざまなトラブルが発生します。頭蓋骨がゆがむことにより、顔のバランスが崩れたり、しわやたるみの原因になるので、美容目的のために用いられることの多い施術法です。また、頭蓋骨のゆがみを取ることによって、骨格や筋肉、内臓まで矯正されるので、健康を維持する効果もあります。頭蓋骨矯正は、日本ではあまりなじみがありませんが、欧米では国家資格が設けられるほど、一般的な治療法となっています。

日本ではまだ国家資格制度はありませんが、新しい美容矯正技術として徐々に普及しています。近年まで、頭蓋骨は固定されていて、動かないものと思われていましたが、動くことがわかり、しかも体の各部位に、影響を及ぼしていることも明らかになりました。頭蓋骨を矯正することによって、体の不調を改善するだけでなく、ストレスの緩和など、メンタル面のケアにも応用できるので、今後ますます注目されるでしょう。
 

産後骨盤矯正

産後骨盤矯正は、出産後に開いたままの骨盤を、元に戻すための矯正法です。これにより、出産後に起きるさまざまな症状を、抑えることができます。出産が近づくと、産道を作るために、骨盤の下のほうが開いていきますが、出産が終わると徐々に閉じて元に戻ります。しかし、まれに戻らないで、開いたままになることがあります。

この状態が続くと、産後の体形が元に戻らず、太りやすくなったり、尿漏れや不妊症を併発する場合もあるので、注意しなければなりません。産後骨盤矯正により、骨盤が正しい位置に戻り、出産によって下がった臓器を、もとの位置に戻すことができます。そのおかげで、肥満をはじめさまざまなトラブルを、解消することができるのです。
 

テーピング

テーピングは、怪我した部位を保護するために、テープで固定する施術法です。また、患部をテープで巻くことにより、安定した状態になり痛みを緩和します。具体的には、筋肉や関節をテープで固定することにより、痛みを和らげ患部を保護します。また、テーピングすることにより、怪我を予防したり運動機能を向上させる効果もあります。さらに、患部をテープで保護しているという、精神的な安心感も生み出すことでしょう。
 

自費メニューを導入するメリット

保険適用内では、受けられる施術に限界があるので、料金は割高でも、新しい施術メニューが提供されると、患者にとっても選択肢が増えることになります。これは、患者にとって大きなメリットと言えるでしょう。整骨院に通っている患者の中には、保険適用内の施術に。満足していない人も少なくありません。ある程度お金に余裕がある人なら、多少割高でも魅力的なメニューがあれば、施術を受けてみたいという人もいるでしょう。また、従来の整骨院には、「高齢者が通うもの」というイメージがありました。そのため、若い人はあまり整骨院に興味をしめしませんでした。

しかし、耳つぼダイエットや美顔鍼のような、若い人にアピールしやすいメニューを開発すれば、新たな顧客開拓につながります。このように、自費メニューを導入することは、整骨院にとっても患者にとってもメリットがあります。ただし、これまで保険適用内でしか、施術を行っていなかった施術院が、いきなり高額の自費メニューを掲示すると、患者も困惑してしまいます。そうなると患者が離れていくおそれもあるので、保険診療からかけ離れた高額メニューは、避けたほうが無難でしょう。ところで、整骨院が自費メニューを導入するには、どんな準備が必要なのでしょうか。
 

必要な機材とスキルの習得

物理療法が行える機器を導入すると、他の整骨院と差別化をはかることができます。また、柔道整復師の資格に加えて、鍼灸やカイロプラクティックなどの資格を取るか、これらの資格を持ったスタッフを雇用すれば、自費メニューの内容を充実させることができるでしょう。物理療法の機器を購入するには、それなりに費用がかかり、鍼灸やカイロプラクティックなどの、資格を取得するには時間が必要です。そのため、これらを導入するには、資金調達や資格取得の準備などを、慎重に行う必要があるでしょう。
 

まとめ

整骨院の自費メニューとは、保険適用外の施術のことです。保険が適用できる施術には限りがあるので、自費メニューを作って、新たな集客を期待しようという動きがあります。自費メニューには、カイロプラクティック、頭蓋骨矯正、産後骨盤矯正、テーピングなどがあります。自費メニューを作るには、新たな機器の導入や、資格取得などが必要になる場合もあるため、それなりに準備や費用がかかります。