みうら整骨院(八千代院)

お問い合わせ
ハンバーガーアイコン

みうら整骨院(八千代院)

お問い合わせ
   

柔整学生アルバイト募集中

整形外科じゃダメ?整骨院の役割とは

整形外科と整骨院の違いって何?

皆さんは『整形外科』と『整骨院・接骨院』の違いについて気にしたことはありますか?どちらも聞いたことはあるし、利用したことがあるよって方も多いかもしれません。しかし、整形外科と整骨院はどちらも似たようなイメージを持たれているため、その違いが判らずになんとなくで利用している方もいるのではないでしょうか。そこで簡単に整形外科と整骨院の違いについて見ていこうと思います。
 

整形外科

医師が治療を担当し、骨・関節・筋肉などの異常について診察をし治療をほどこします。診察はレントゲン検査やCT、MRIなどの検査をし、治療は症状に合わせて投薬治療から手術などまで幅広く担当します。
 

整骨院&接骨院

柔道整復師という国家資格をもった方が治療を担当し、整形外科と同様に骨や関節、筋肉の痛みなどの治療を施します。しかし、レントゲン検査や診断書を作るのは医師のみが出来ることとなっているので、整骨院では主に投薬治療以外の治療をほどこします。それらの治療には、手技療法や物理療法などがあります。
 

整形外科のメリット・デメリット

整形外科はレントゲン検査などができるし、医師による診断もできるのだから整形外科に行けばいいと思った方がいるかもしれませんが、一概にそうとは言えません。整形外科にも受診する人のニーズによってメリット・デメリットがあります。それらの整形外科の特徴について詳しく見ていきましょう。
 

整形外科のメリット

整形外科のメリットとして、真っ先に思い浮かぶのは医師による診察・検査・治療が行われるということです。事故などで怪我をした際に「診断書がほしい!」と思ったら、それは整形外科にいって診察をうけるしかありません。

また、レントゲン検査やCT・MRIなどといった画像診断による検査は整形外科でしか行ってもらえないので、精密な検査を求める方には整形外科がおすすめです。こういった検査の過程で、実は別の病気が原因だったり、思いもしない病気が見つかることもあるので、そういったメリットもあります。
 

整形外科のデメリット

整形外科のデメリットとして、投薬治療ができない方&したくない方にとっては治療が難しいといった点があります。様々な理由から薬を接種できない方は意外と多いですよね。

また、整形外科は待ち時間が長く通うのが難しいといった声もあります。「ちょっと痛いところがあるから仕事帰りに診てもらうか」といった利用の仕方はかなり難しいと言えます。

基本レントゲン検査などで判別できる症状がある場合に治療が施されるので、本人にとっては異常があるのだけれど異常なしといわれてしまい、なかなか治療がすすまないといったこともあります。

事故後の後遺症などは、異常がレントゲン検査などで判明しない場合も多いというので、そういった際の長期的な治療については不向きといえます。
 

整骨院・接骨院のメリット・デメリット

整骨院は柔道整復師という国家資格を持った方が治療をしますが、整形外科と比べてできないことや、逆にできることも多いです。それらのメリット・デメリットを見ていきましょう。
 

整骨院・接骨院のメリット

整骨院・接骨院での治療のメリットはレントゲン検査などでは異常なしといわれてしまったが、明らかに痛い&異常を感じる、といった方の治療にも対応していることです。こういう際に整形外科だと通いづらいといった方も多いと思いますが、整骨院では本人の感じる痛み&異常を重視しますので、しっかりと症状が良くなるまで治療を続けることが出来ます。

また、投薬治療を行わないので、投薬治療ができない&したくないという事情がある方でも安心して治療を受けることが出来ます。

整骨院や接骨院は朝早くから夜遅くまで開いているところが多いので、時間がない方にもおすすめです。
 

整骨院・接骨院のデメリット

整骨院・接骨院のデメリットとして大きいのは診断書がもらえないことや、レントゲン検査などが受けられないといった点になります。様々な事情で診断書が必要な場合は、整形外科を受診しなければなりません。

また、画像による精密な検査を受けたいといった方にも、整骨院では検査が出来ないのでデメリットになってしまいます。
 

整骨院で保険診療を受けるには

これまでの説明で「整骨院では病院で行われるようなことが何ひとつ行われないんだ・・・」と思った方もいると思います。ですがそれは誤解です。

整骨院ではたらく柔道整復師は非常に難しい国家資格をもった専門の方々なので、保険適応で症状を見てもらったり、緊急時には脱臼や骨折の処置をしてもらうことも可能です。しかし、整骨院では常に保険診療で診てもらえる、というわけではありません。この点を誤解している方がとても多いです。

まず、整骨院で保険診療が適応されるのは基本的に外傷を負ってから1週間以内での受診をした場合です。そこに外傷の程度は関係ありません。

それを知らずに、そもそも整骨院では保険診療をしてもらえないと思っていたり、逆にいつでも保険診療が出来ると思って1週間以上経過してから受診してしまったりすると、思わぬところで損をする場合があるので気を付けましょう。
 

整骨院の役割とは?整形外科とのおすすめの使い分け方

これまで見てきた内容で、整骨院や整形外科にはそれぞれ特徴があり、どちらかがより優れている・劣っているというわけではないことが分かったと思います。大事なのは自分のニーズに合っているのはどちらなのかを、その時々で選んで受診することです。

そこで、何パターンかおすすめの受診パターンについて紹介するので、ご自身が受診する際の参考にして頂ければと思います。
 

①事故や怪我をした。外傷も大きい

 
速やかに整形外科を受診しましょう。そしてレントゲン検査などをうけ、必要であれば手術を受けましょう。
 

②怪我をしたが、日常生活に支障があるほどではない

怪我の状態が気になるようであれば一度整形外科を受診し、レントゲン検査などを受けましょう。そこで異常があれば整形外科での治療を続けるか、またはご自身の判断で整骨院での治療を受けましょう。特に異常がないといわれてしまった場合には、整骨院・接骨院で自分が納得いくまで治療を受けることをおすすめします。
 

③古傷が痛みだした。でも時間がなくて病院を先延ばしにしている

仕事終わりなどの空いた時間に速やかに整骨院に行きましょう。もしも時間がとれた際には他に異常がないか調べる意味でも、一度整形外科を受診し精密検査を受けることをおすすめします。
 

まとめ

整形外科と整骨院・接骨院、これらの違いを意識せずに何となく利用してきた方も多いのではないでしょうか。また単純に整形外科を受診しておけばよい、と思っている方もいると思います。しかし、今までの説明を見てきた皆さんは、整形外科と整骨院・接骨院にはそれぞれ得意としているジャンルがあり、大事なのは自分の今の症状や生活リズムにはどちらがあっているのかを見極めることだと分かったと思います。

整形外科と整骨院の違いを意識せずに何となく利用するのではなく、自分の症状と相談してどちらを利用した方が症状が良くなるのかをその都度考えて選びましょう。

そうすることによって、より納得のいく治療を受けて症状を改善していくことが出来るようになるのです。