みうら整骨院(八千代院)

お問い合わせ
ハンバーガーアイコン

みうら整骨院(八千代院)

お問い合わせ
   

柔整学生アルバイト募集中

更年期障害について

更年期障害は、女性だけでなく男性にも表れる症状で、ホルモンのバランスが乱れ、心身に様々な不調が現れます。

一般的に40代から50代の方に多く見られ、不安感、気力の低下、記憶力の低下なども見られます。気力が低下することで、普段の活動量も減り、生活習慣病のリスクが高まります。

男性の場合は男性ホルモンのテストステロンの分泌の減少、女性の場合は女性ホルモンのエストロゲンの分泌の減少が更年期障害の原因です。
 

更年期障害の症状

神経 頭痛、めまい、耳鳴り、不安感、憂鬱感、集中力の低下、記憶力の低下、不眠、だるさ(倦怠感)
知覚 しびれ、かゆみ、掻痒感、知覚過敏、むずむず感(アリがはうような感じ)
自律神経 のぼせ、ほてり、息苦しさ、過呼吸、動悸、息切れ、冷え
皮膚 乾燥、湿疹、発汗
分泌 ドライアイ、ドライマウス
運動器 肩こり、腰痛、関節痛、筋肉痛
消化器系 食欲不振、のどの異物感、下痢、便秘、腹部膨満感、吐き気
泌尿器・生殖器 月経異常、頻尿、残尿感

男性ホルモンのテストステロンの分泌には、生活習慣が深く関係していて、定年退職後の男性が更年期障害になることが多くあります。テストステロン減少により、中性脂肪やコレステロールの代謝が低下し、脂肪が増えやすくなるため、肥満や糖尿病、高血圧、動脈硬化のリスクも高まります。また、血液の流れが悪くなるので心筋梗塞、狭心症、脳卒中も心配です。さらに、テストステロンは記憶をつかさどる海馬の働きにも影響を与えるため、認知症のリスクも高まります。

女性ホルモンのエストロゲンの分泌が減少は、個人差はありますが40歳前後からです。卵巣の機能が低下しはじめエストロゲンが不足すると、脳から分泌を促すように指令が出るのですが、卵巣の機能は低下していてエストロゲンを分泌することができません。そうすると、脳が混乱して自律神経が乱れてしまうために、様々な不調があらわれてくるのです。

また、エストロゲンは様々な身体の機能に影響を与えます。
 

更年期障害を予防、改善するには

男性も女性もまずは栄養バランスと運動が基本となります。また、社会とのつながりも大切とされています。

不安感から不眠になるケースも多く、その場合は日中にしっかりと身体を動かし、適度に身体を疲れさせることで夜しっかりと眠ることができます。

また、ストレスが更年期障害を増長させることも多いので、ストレス解消に散歩をしたり、瞑想をしてみたりするのもいいでしょう。好きな音楽を聴く、アロマでリラックスをする、週に2~3回30分ほど散歩するなど、できることから始めてみましょう。

手にあるツボは、思い立った時にすぐ刺激できるのでぜひ試してみてください。
 

更年期障害に聞くツボ

名称 場所 効果
中渚 手を握ったときに小指と薬指の間にできるくぼみ 呼吸・血液の循環・消化機能・めまい・たちくらみ・耳鳴りに効果的
神門 手首の付け根、小指側の骨の手前 イライラ・焦り・緊張をほぐすのに効果的
合こく 人差し指と文指の付け根 発汗、ホットフラッシュ、ほてり

生活習慣や環境を見直しても改善しなかったり、日常生活に支障をきたすほどのつらい症状の場合は、早めに病院へ行きましょう。漢方薬、ホルモン補充療法などがあります。