みうら整骨院(八千代院)

お問い合わせ
ハンバーガーアイコン

みうら整骨院(八千代院)

お問い合わせ
   

柔整学生アルバイト募集中

【関係者必見】整骨院での新型コロナウイルス感染対策について具体的な方法を紹介

整骨院では徹底した新型コロナウイルス対策が必要

新型コロナウイルスが蔓延したことによって各所に甚大な被害が及んでいますが、整骨院はその中でも特に被害が大きい業種だと言えます。整骨院はリモートにすることは出来ませんし、施術の関係上患者さんと距離をとるのも難しいです。そのため整骨院ではかなり徹底した新型コロナウイルス感染対策が必要となります。本記事では整骨院の関係者や整骨院をよく利用する方に向けて、具体的な新型コロナウイルス感染対策について紹介していきますので是非参考にしてみてください。
 

整骨院で必要な感染対策について

まずは整骨院として行うべき新型コロナウイルス感染対策について紹介していきます。
 

消毒について

整骨院の入り口、受付の前、各部屋に必ずアルコール消毒できるものをおきましょう。また人が良くふれるドアノブや椅子などは次亜塩素酸ナトリウムでの消毒が有効です。こういった消毒作業は毎日必ず行いましょう。
 

換気について

各部屋でこまめな換気をすることが大切です。特に人の出入りが激しい部屋はその都度換気したり、空気清浄機やオゾン発生器などを使って換気を徹底する必要があります。
 

マスクや手袋について

整骨院内で使用するマスクや手袋は使い捨てのものにして、捨てるときは密封したビニール袋などに入れるようにしましょう。ウレタンマスクなどは新型コロナウイルス感染対策としてはほとんど効果がないとされているため、院内での使用は不織布マスクがおすすめです。
 

混雑の回避について

お客様が整骨院内で密な状態にならないために、予約優先制や完全予約制で混雑を起こさないようにしましょう。また受付にはパーテーションを設置して、お会計の際はコイントレーを使用するといったことも密や接触をさけるには有効です。
 

整骨院の従業員向けの感染対策

ここからは実際に整骨院で働く従業員向けの新型コロナウイルス感染対策について紹介します。
 

衣服について

スタッフの衣服が指定されている整骨院がほとんどだと思いますが、それらの衣服は着用するごとにしっかりと洗濯するようにしましょう。
 
 

体調管理について

スタッフが朝自宅を出る前の検温を実施しましょう。整骨院で検温するよりも感染リスクを下げることが出来ます。また毎日の体調報告も怠らず、少しでも対象に異変がある場合は迷わず休養するようにといった徹底した意識管理が必要です。
 

使用する道具について

スタッフが整骨院内で使用する道具は、共有するものを出来るだけ減らしましょう。パソコンなどの共有するしかないものに関しては定期的に消毒するといった作業が必要です。
 

スタッフ同士の距離について

スタッフ同士も密接な状態を避ける工夫が必要です。そのためスタッフごとの担当場所を明確にしたり、スタッフ同士で近づきすぎないといった意識共有が大切です。
 
 

整骨院で患者にお願いすべき感染対策

ここからは整骨院から来院する患者さんに向けてお願いすべき新型コロナウイルス感染対策について紹介します。
 

マスク着用のご案内について

マスク着用のお願いではなく、マスクを着用していない方は来院をお控えくださいといったレベルの注意書きをするのがおすすめです。できればHPや整骨院の入口付近に掲載しましょう。中にはどうしてもマスクをつけたくないという方もいるので、少しでも感染のリスクを減らすためには徹底した管理が必要となります。
 

検温について

現在は額や手首にかざすだけで簡単に検温が出来る機械が増えてきました。そのため受付や入口で必ず患者さんの検温をするようにしましょう。
 

海外や県外の渡航歴の聞き取りについて

最近海外や県外へ行ったかのヒアリングも重要です。感染リスクを減らすために『~以内に海外渡航歴のある方はご遠慮ください』といった注意書きをHPなどに掲載することも有効です。
 
 

コロナ禍でもお客様に選ばれる整骨院の特徴

コロナ禍では外出を控える方が多いので、整骨院の経営が厳しくなったという声が多いです。しかしその中にはコロナ禍より前と変わらずに安定してお客様がいる整骨院もあります。そういった整骨院で行われている取り組みについて紹介していきます。
 

徹底した感染対策を『見える』ようにしている

整骨院内でいくら徹底した新型コロナウイルス感染対策を行っていたとしても、それが患者さんにも伝わるように工夫されていないと、患者さんは不安に思ってしまう場合があります。そのため実施している感染対策をポスターにして張りだしたり、パーテーションやアルコール消毒などを多く設置することで、一目で『ここは徹底した感染対策をしてくれている』と感じられるように工夫しましょう。感染対策がしっかりしている整骨院という認識を持ってもらうことで、安心して来院してもらえるようになります。
 

完全予約制などの対応をしている

完全予約制や予約優先制といった仕組みを取り入れることで、混雑を防げるだけでなく患者さんが突然来院をやめてしまうといった事態を防ぐ効果があります。なんとなく行きたいな、と思っているよりも必ず予約しなければ通えない方が来院してくれる可能性が高いです。また新規のお客様でも必ず予約してから来てもらうといった取り組みは、混雑を避ける効果だけでなく『予約しないと通えないほど人気のある整骨院』というイメージをもってもらいやすく、リピートにつながるといった声もあります。
 

もしも感染した患者が来院したら?

ここからは補足として、新型コロナウイルスに感染している方が来院した場合どうなるのかといったことを紹介していきます。新型コロナウイルスで陽性となった方が過去に来院していた場合、保健所から『新型コロナウイルスの感染者が来院した疑いがある』といった連絡が入ります。その後は保健所が営業継続の判断をし、継続が認められた場合に継続するか、または念のために一定期間休業するかを整骨院の経営者が選択することになります。この時行われる保健所の調査には必ず協力する必要があり、主な調査項目は以下のようになっています。

  • ・新型コロナウイルスで陽性となった方の勤務状況や接触該当者の特定
  • ・新型コロナウイルスで陽性となった方の感染防止状況
  • ・整骨院内での適切な感染防止策の有無

 

これらの項目の調査結果によっては、保健所からの指導がはいります。しっかりとした感染対策を行っている場合は休業を命じられる可能性は低くなりますが、クラスターが疑われる場合は休業を命じられることもあります。
 

まとめ

新型コロナウイルスは整骨院にとって非常に大きな影響を及ぼしています。しかしそんな中でも今回紹介したような徹底した感染対策をして、患者さんが安心して来院できるような環境をつくっていくことが大切です。本記事が整骨院の関係者や整骨院を利用する方々の参考になればと思います。