みうら整骨院(八千代院)

お問い合わせ
ハンバーガーアイコン

みうら整骨院(八千代院)

お問い合わせ
   

柔整学生アルバイト募集中

腰椎椎間板ヘルニア

こんな症状ありませんか?

  • ・腰・お尻の痛み
  • ・下半身のしびれ、痛み
  • ・立ってられないほどの下半身・腰の痛み
  • ・起床時に特に腰の痛みがつらい
  • ・排泄困難

 

自然とヘルニアになるわけではなく、その痛みの原因、そして対処法があります。
 

腰椎椎間板ヘルニアとは?

『椎間板』は背骨の骨と骨の間にありクッションの役割をしています。身体の中の一部分が本来あるべき場所からでてきている状態を『ヘルニア』と言います。

つまり。『椎間板ヘルニア』は椎間板の中心にある髄核が、飛び出してしまった状態のことを言います。脊椎のまわりには神経が多くあるので、とびだした椎間板の髄核が神経を刺激して痛みやしびれの症状が現れるのです。

腰の周囲の椎間板が突出して起きるヘルニアを『腰椎椎間板ヘルニア』といいます。
 

なぜヘルニアになるのか?

急に重いものを持ち上げたり、長時間中腰でいたり、スポーツで酷使したりすることで椎間板ヘルニアになりやすくなります。

椎間板ヘルニアには、『馬尾型』と『神経根型』の2つがあります。

馬尾型のほうが進行しやすく、放っておくと下半身の麻痺が臀部まで広がり、排尿困難や歩行困難になる恐れがあるので注意が必要です。しびれのみで痛みはない場合や両足の裏側がしびれる、お尻のまわりがしびれる、尿漏れがある・漏れそうになるなどの場合は放置せずに早めに対処しましょう。

『神経根型』は痛みの強さ、症状に合わせて施方法を変えていきます、急性期は安静が必要です。その後、様子を見ながら電気療法や指圧、筋膜へのアプローチなどを行っていきます。

治療を重ね、治療効果を感じられるように症状や状態に合わせた施術が大切です。

症状が出ている方は接骨院などでしっかりと症状に合わせたアプローチをしt絵、悪化させないことが大切です。

予防としては、普段から椎間板に負担をかけない生活を心がけましょう。まずは正しい姿勢を保つことです。背筋を伸ばし、少しあごを引いた状態を意識しましょう。

また、腹筋・背筋を鍛える運動療法が効果的です。