柔道整復師が教える正しいパンプスの選び方

足に合わないパンプスを履くと、さまざまな障害が発生します。パンプス選びで失敗しないためには、何が必要なのでしょうか。ここでは、柔道整復師が教える、正しいパンプスの選び方をご紹介します。
 

パンプス選びの注意点

好きで買ったはずのパンプスなのに、履いて歩くと靴擦れや、指の痛みが出ることがあります。これは、サイズが合わないのが原因です。

ただし、パンプスはサイズだけで選ぶと、失敗することがあります。サイズだけでなく、幅や指の形も考慮しなければなりません。というのは、パンプスのトゥと足の形が合わないと、痛くなるからです。

同様に、ヒールが高すぎたり、靴の重心が合わない場合も、足に負担がかかるので要注意です。本当に自分に合うパンプスを選ぶには、正しいサイズの測り方を知っておく必要があります。
 

サイズ選びのコツ

パンプスのサイズは、足の踵から、足指の先までの長さです。サイズのほかに、パンプスを選ぶ際は、ワイズも重要になります。

ワイズとは、足の親指と小指の付け根にある、出っ張った骨の部分を一周した長さです。パンプスは、サイズとワイズを測って買わないと、足に合いません。靴を履いた状態で足の指の形が見えたり、履き口に指が入るほどの隙間があったりすると、足に合っていないことになります。つま先立ちしたときに踵が浮いたり、靴の指先に1センチ程度の余裕がない場合も、合わない靴ということになります。

また、サイズやワイズを正しく測っても、足の左右の大きさが違うために、どちらかの足が合わないこともあります。足のサイズが左右で違うのは、よくあることです。右利きや左利き、歩き方などから、左右の足の大きさに違いが出てきます。

左右どちらかの足が痛くなる場合は、このような原因も考えられるでしょう。左右の足の大きさが違う場合は、大きい方の足に合わせて買ってから、小さい方の足に中敷きを入れるなどして、調整することをおすすめします。
 

トゥのタイプとの相性

トゥには、ポインテッドトゥやスクエアトゥ、ラウンドトゥなど、いくつかの種類があります。足のつま先の形によって、合うトゥとそうでないトゥがあるので注意が必要です。

サイズもワイズもピッタリなのに、履いているうちに痛くなるのは、トゥが合わないのかもしれません。日本人のつま先の形は3パターンあるので、まず自分がどのパターンなのか知っておきましょう。
 

エジプト型

親指が一番長いのがエジプト型です。エジプト型のつま先に合うのは、オブリークトゥパンプスです。親指が長く、小指にかけて短くなる、エジプト型にピッタリのデザインで、フォーマルでもカジュアルでも合わせられます。

また、ラウンドトゥパンプスも、エジプト型の人におすすめです。つま先の中心からゆるいカーブを描くデザインで、ほどよく体重が分散されるので、足が疲れないのが特徴です。
 

ギリシャ型

人差し指が一番長い足の形がギリシャ型です。三角形のようなつま先なので、普通の靴だと、人差し指が靴の中でつっかえがちなので注意が必要です。ギリシャ型には、ポインテッドトゥパンプスがおすすめです。中央が尖っているため、中指が長くても負担がかからないので、痛くなりません。
 

スクエア型

全部の足の指の長さが、ほとんど同じなのがスクエア型です。ほとんどのパンプスは、つま先が細くなっているので、スクエア型の人が普通のパンプスを履くと、指全体が圧迫されてしまいます。

スクエア型の人が履いても問題ないのは、ポインテッドトゥパンプスです。つま先がほぼ横一直線になっているので、足の指に負担をかけずに履くことができます。

スクエア型の人は、先に向かって細くなっていない靴であれば、どれでも指を圧迫しないので、疲れることもありません。
 

パンプス選びはここがポイント

パンプスを選ぶ際は、いくつか注意すべき点があるので、次にご紹介しましょう。
 

ヒールが高すぎない

ヒールが高いと、踵が高くなるために足の先に体重がかかります。そのため、ヒールの高い靴を履いていると、マメやタコができることがあります。もっとひどい場合は、外反母趾になることもあるので注意しましょう。

どうしてもヒールの高いパンプスを履きたいなら、ヒールが太くて、前底に厚みがあるものがおすすめです。前底が厚いと、ヒールがそれほど高くならないので、足先に負担がかかりません。
 

踵の中心にヒールがくる

踵の中心にヒールがくると、体重がうまく乗るので、バランスが安定します。足の裏全体に均等に体重がかかるので、足裏全体で歩けるため、疲れないしつま先にも、余分な負担がかからないのが特徴です。
 

履き口がピッタリしている

誰でも、踵がピッタリしているパンプスを選びますが、それだけではなく、履き口がピッタリしているものを選びましょう。履き口がピッタリしているというのは、足の甲がパンプスにピッタリだということです。

踵と足の甲がピッタリしていると、安定感があるので、履きやすく疲れにくくなります。履き口も踵も、きつくてもゆるくてもおすすめできません。

試着するときは、少しでもいいから歩いてみてください。ただ履いた状態だけではなく、歩いてみて足を曲げたときに、違和感がないかもチェックしましょう。
 

余裕のある靴を履かない

きつすぎる靴がダメなのは誰でもわかりますが、反対に少しゆるい靴ならよさそうな気がします。しかし、ゆるいパンプスも、足の負担が増えるので注意しましょう。

歩いているうちに、パンプスの中で足が泳いでしまうので、かえって負担になります。そのため、長年余裕のある靴を履いていると、足が変形することもあるので注意が必要です。サイズが大きすぎるパンプスは、中敷きを入れると履きやすくなるのでおすすめです。

買ったときはサイズがピッタリでも、革製のパンプスの場合は、履いているうちに革が伸びてゆるくなることがあります。このようなケースでも、中敷きで調整すると履き心地がよくなります。

また、中敷きは足の付け根が痛いときに使うと、中敷きがクッションになって、痛みが軽減されることもあります。
 

きついパンプスを履きやすくするには

間違って、少しきつめのパンプスを買ってしまったら、シューズストレッチャーを使うことによって、パンプスのサイズを縦横とも少しだけ伸ばすことができます。
 

間違ったパンプスで柔道整復師を訪ねる人が多い

パンプス選びを間違えたり、履き方が悪かったりした結果、足が変形したり痛みが出て、柔道整復師のもとを訪ねる人が増えています。

パンプスは必ずピッタリしたサイズのものを選び、足の形に合うパンプスを履くようにしましょう。日本人のつま先はエジプト型、ギリシャ型、スクエア型の3種類あるので、自分のつま先がどの型なのかを確認して、そのつま先に合ったパンプスを選ぶことが大切です。

たかがパンプスと思うかもしれませんが、足に合わないパンプスを履いていると、精神的にもよくありません。特につま先の痛みは、知らず知らずのうちに、ストレスになっている場合が多いので、十分注意したいものです。
 

まとめ

パンプスを購入する際は、いろいろと注意すべき点があります。サイズが合わないパンプスを、我慢して履き続けると、靴擦れや足の痛みが出ることがあり、もっとひどい場合は外反母趾になることもあります。パンプスを選ぶには、サイズだけでなく、ワイズにも気を配りましょう。

また、パンプスで足先が痛くならないためには、トゥのタイプと自分の足先の形を知っておく必要があります。パンプスは、きつくてもゆるくても、足に悪影響を及ぼすので、ゆるければ中敷きを入れ、きつければシューズストレッチャーを使って調整しましょう。