みうら整骨院(八千代院)

お問い合わせ
ハンバーガーアイコン

みうら整骨院(八千代院)

お問い合わせ
   

柔整学生アルバイト募集中

自律神経失調症

息苦しい、急に胸がドキドキする、胃の痛み、腹痛、下痢、寝つけない、夜中に何度も起きる、眠れない。。。レントゲンや血液検査をしても異常がない、病院へ行っても異常がないとしか言われない、そのようなことはありませんか?

検査をしても病院へ行っても異常がないと判断されるのに、いつまでたっても症状は変わらない・・・おつらいですよね。
もしかしたら『自律神経失調症』かもしれません。

脳から命令をおくり意識的に骨格筋を動かすのが運動神経、呼吸や消化や血液循環など無意識に調整している神経を自律神経といいます。さらに自律神経は交感神経と副交感神経に分かれています。

『自律神経失調症』は幅広く曖昧に使用されることも多いのですが、交感神経と副交感神経が体内でうまくコントロールできないことで起きる症状を指します。『不定愁訴』と診断されることもあります。現れる症状は様々です。

〇動悸、ドキドキする
〇多汗、汗をかく
〇めまい、耳鳴り、立ちくらみ
〇頭痛
〇腹痛、下痢、便秘、吐き気、胃痛
〇息切れ、息苦しさ、過呼吸
〇食欲不振、食欲異常
〇喉のつまり感、のどの異物感
〇倦怠感、だるさ
〇筋肉痛

いつもなら身体は意思とは関係なく、自動的に腹焚いて身体の環境を調整しています。しかし、何かしら影響を受けバランスを崩してしまうことがあります。
ストレスをコントロールできずにため込んでしまい、自律神経のバランスを崩す方が多いです。多くの臓器は交感神経、副交感神経、どちらか一方で制御されることが主です。

症状の表れかたで病名が付くことがあります。
片頭痛、緊張性頭痛、咽喉頭異常感症、過敏性胃腸症候群、過換気症候群、線維筋痛症などです。
自律神経系は感情に大きく影響を受け、ストレスによってバランスを崩しがちです。
抑うつ気分、不安、睡眠障害などが主な例です。
『心身症』『仮面うつ病』は間違えられやすい病気です。

『自律神経失調症』の予防、対策について

朝の光を浴びましょう

体を活発に動かす交感神経は、日中に働きます。逆に副交感神経は身体を安めて体力を回復させるときに働きます。人間が古来から受け継いだ身体のリズムを取り戻すことが大切です。

バランスの良い食事を摂りましょう

人の身体は、摂取したものでできています。現代人は野菜が少なくなりがちですが、意識して野菜を摂り、体内では作り出すことgあできない栄養素を食べ物から摂ることで、身体も心も満たされます。

リラックスできる方法・時間を探してみましょう

森林浴、自宅での入浴、アロマ、ヨガ、ストレッチ…まずはリラックスできる方法を探してみましょう。その瞬間に集中してしてみましょう。